大型ICO[AIS] モンゴルの鉱山開発事業にも関連する取引所トークン

日本にも支店があるモンゴルの大手銀行NI Bankからの支援を受け、鉱山資源採掘事業・仮想通貨マイニング事業を行うプロジェクトと、仮想通貨取引所AIS-Xの開設を行うプロジェクトが提携し、3つの有力事業が連結する大型ICO「AIS」が実現しました。
「AIS」トークンの保有者にはそれら3事業の利益配当が行われます。
2019年2月までプレセールとエアドロップキャンペーンが実施され、世界中の投資家から注目を集めています。


ais

AISが行う事業

AIS-X仮想通貨取引所 -大手銀行との提携
AIS-X取引所では「AISトークン」を取引通貨として使用することが出来ます。
AIS-X取引所のサーバーは提携銀行NI Bankの内部に配置されるため、銀行並みのセキュリティが実現します。
NI Bankの口座開設者は、AIS取引所で仮想通貨を購入することが出来るようになるとともにNI Bankからデビットカードが発行されます。デビットカードを使うことにより、世界中のATMから仮想通貨を法定通貨に交換して出金することができます。

天然地下資源採掘(資源マイニング) -モンゴルは未開拓の資源大国
この事業は、他の仮想通貨取引所とは大きく異なるAISの特徴です。
モンゴルは資源大国であり、金だけでガーナやブラジルに匹敵する埋蔵量があると言われています。ほかに銅、石灰、レアメタルなどの発掘が進められており、さらに隠された地下資源があるとされています。クリーンエネルギー分野では欠かせないモリブデンも注目されています。
AISは NI BANKおよび現地の鉱業会社との連携することにより、地下資源の採掘会社を設立します。
そして、仮想通貨取引所の収益に加えて採掘された地下資源による収益もAISトークンの所有者へ還元されるのです。

仮想通貨採掘(仮想通貨マイニング) -モンゴルの気候と電気料金が好条件
AISはモンゴルという国の特性を活かした仮想通貨マイニングも行ないます。
一般的にマイニングには大量の電力が必要とされておりこれが一般的なマイニング事業のネックになります。しかし、モンゴルの電力料金は日本の5分の1程度という低価格であり、さらに、寒冷な気候であるために仮想通貨マイニングに適していると言われています。
AISのマイニングではBaikal社の「Baikal Giant X10」という高性能のマイニングマシンを採用し、さらに独自カスタマイズを施してオリジナルより+15-18%程度の採掘パフォーマンスが出るようにします。
仮想通貨取引所の運営事業、地下資源採掘事業と同様に収益の一部がAISトークン保有者に還元されます。

AIコンシェルジュ
AIS-X取引所で導入するAIは行動特性分析を行い、ユーザーの特徴に合わせたAIコンシェルジュが提供されます。
AIコンシェルジュにより直近24時間の市況を教えてくれるほか、ユーザーに合った投資アドバイスが提供されます。

AISの利益配当

以上のように、仮想通貨マイニングの利益、資源採掘の利益、取引所の利益とAISではトリプル配当を行います。
利益の30%が配当対象となり、AISトークンの保有量に応じてその還元率が定められています。

保有AISトークン x 配当倍率
1 - 50,000 ..................x1
50,001 - 500,000..........x2
500,001 - 2,000,000......x3
2,000,001以上...............x4

AIS-X取引所でAISトークンが担う内容は、以下の通りになります。
・取引手数料の割引
・送金手数料の割引
・上場手数料の割引
・仮想通貨売買のペア通貨
・新しいICOへの投票権利
・利益配当(取引所、仮想通貨マイニング、資源採掘)

AISの業務提携先

National Investment Bank of Mongolia(略称 NI BANK)は、日本を含めた世界各国に拠点を持つモンゴルの大手銀行です。
NI BANKとの提携により、AIS-X取引所の顧客は世界中から法定通貨で入出金することが可能になり、USD, EUR, MNT, CNY, JPYなどの運用の選択肢が提供されます。また、NI BANKのデビットカードを発行することで、より出金時の利便性向上が図られていきます。
NI BANKは、大相撲の元横綱・朝青龍が筆頭株主です。
・NI Bank : https://www.nibank.mn/

National SecuritiesはIPO主幹事になることができるフルライセンスを有する証券会社です。
National Securitiesとの提携により、AIS-X取引所の顧客は将来的にAISトークンを使った株式の売買を行うことが出来ようになります。
・National Securities : http://www.nationalsecurities.mn/

Express Finance Service(略称 EFS)は、融資業務を行う機関です。
EFSとの提携により、AIS-X取引所の顧客は仮想通貨を担保にして融資を受けることが可能となります。融資を利用することにより保有する仮想通貨を売却する必要がなくなり、売却時の税金リスクから解放されます。
・Express Finance Service: http://m.exchange.mn/


ロードマップ

2018年07月:モンゴル国内銀行NI BANKと提携に関するMOU を締結
2018年09月:モンゴルにてAIS PROJECT の運営法人NI-EXを設立
2018年10月:プレセール開始
2018年11月:暗号通貨マイニング事業開始
2019年03月:AIS-X取引所設立
2019年04月:クラウドセール、地下資源採掘事業開始
2019年06月:AIコンシェルジュアプリ リリース

AISトークンの購入について(プレセール中)

購入価格 :0.04USD(PRESALE STAGE1) - 0.2USD(PRESALE STAGE10)
最終トークン販売価格:0.3USD(=上場予定価格)
最低購入額の定めはありません。少額から購入することが出来ます。
トークンの購入はAIS公式サイトでアカウント登録が必要です。
AIS公式サイト
締め切りは2月下旬、AISウォレットが提供されトークンの配布は3月に予定されています。

エアドロップも開催中

また、テレグラムのAIS Airdrop(エアドロップ)のボット(自動応答ロボットが組み込まれたルーム)に参加すると9.99AISトークンをプレゼント。紹介するとその都度抽選が行われ、さらに2倍、3倍、4倍、10倍、最大100倍のAISトークンを得るチャンスがあります。
AIS AirdropキャンペーンHP


 >>AISトークンの購入方法はこちら
 >>AISエアドロップ・キャンペーンの詳細はこちら